Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
NEWS・TIPS

新井浩文逮捕で映画「善悪の屑」公開はどうなる?原作者のコメントは?

俳優・新井浩文容疑者が逮捕され、芸能界に激震が広がっています。

これまでに出演していた作品の配信停止や放送差し替え、2019年に公開予定だった映画「台風家族」「善悪の屑」なども公開延期や中止の話題が飛び交っています。

映画「善悪の屑」は原作漫画の人気も高く、注目度が高い映画でした。

この映画もお蔵入りとなってしまうのでしょうか? 映画「善悪の屑」について調べてみました。

スポンサーリンク

映画「善悪の屑」とは

映画「善悪の屑」についての情報をまとめてみました。

映画「善悪の屑」監督やキャスト

映画「善悪の屑」のキャストやスタッフは以下です。

まだ公式ではメインキャスト以外は発表されていませんでした。

  • 鴨ノ目武(カモ) – 新井浩文
  • 島田虎信(トラ) – 林遣都
  • 奈々子 – 馬場ふみか
  • 原作 – 渡邊ダイスケ
  • 監督 – 白石晃士
  • 脚本 – 城定秀夫

新井浩文容疑者の名前が一番上にあることからもわかるように、ダブル主演の一人となっています。

2019年1月18日に40歳を迎えた新井浩文容疑者。

ツイッターで「30代の最後の作品」と語っていました。

逮捕なんて想像もしていないツイートですね。。

映画「善悪の屑」制作スケジュール

映画「善悪の屑」の公式ツイッターを見ると、以下のスケジュールで制作が進められていたようです。

  • 2018年11月24日 映画化公式発表
  • 2018年12月2日 クランクイン
  • 2018年12月19日 オールアップ
  • 2019年1月17日 オールラッシュ(編集最終チェック)

撮影期間は17日間

かなりタイトなスケジュールだったようで、新井浩文容疑者もオールアップ後に

「しかし極悪スケジュールだった。。。」

とツイートしていました。

スポンサーリンク

原作「善悪の屑」はどんなストーリー?

映画「善悪の屑」は公式でも一切撮影風景などが載せられておらず、またストーリーもまだ明かされていませんでした。

原作「善悪の屑」はどんなストーリーなんでしょうか?

原作漫画「善悪の屑」とは

「善悪の屑」(ぜんあくのクズ)は、渡邊ダイスケ氏による漫画。

少年画報社『ヤングキング』2014年10号から2016年7号まで連載され、その後、第2部として「外道の歌」(げどうのうた)にタイトルを変更し、2016年8号から現在も連載中です。

犯罪に手を染めながらも十分な裁きを受けず反省もしていない犯罪者たちに、被害者に代わって復讐を行う2人の復讐屋(カモとトラ)の物語です。

ストーリーに登場する事件は、大部分が実際に起きた事件をモチーフに脚色したものとなっています。

「善悪の屑」が注目を集めるのは、

単行本第4巻が「猟奇的で残虐」「私刑を正当化している」などの理由で東京都青少年の健全な育成に関する条例に基づく不健全図書に指定されたほど内容がや描写が過激だということ。

新井浩文容疑者も「これ実写化して大丈夫なんですかね」というコメントをしていたほどなんです。

しかし電子書籍の売上もよく、ファンからも実写化について喜びの声が溢れていました。

映画化は決まってからは、単行本の重版出来がかかっていましたよ。

「善悪の屑」原作者も映画化に期待

原作者である渡邊ダイスケ氏も、映画化のクオリティに太鼓判を押していました。

まだビジュアルは公開されていませんが、かなり原作のイメージに近いものに仕上がっていたようです。

しかし2月1日に新井浩文容疑者逮捕のニュースを受け、映画「善悪の屑」公開の雲行きが怪しくなってきました。

スポンサーリンク

映画「善悪の屑」公開はどうなる?

新井浩文容疑者が出演していた映画「台風家族」は公開延期が決定しましたが、映画「善悪の屑」の対応は2019年2月3日現在、対応協議中とのこと。

原作者・渡邊ダイスケ氏がツイート

新井容疑者逮捕を受け、「善悪の屑」原作者渡邊ダイスケ氏がツイート。

映画の編集が終わってからまもなくで、新井浩文容疑者逮捕をテレビで知り、かなり驚いたことでしょう。

その後、映画「善悪の屑」の公開延期?中止などの話題がニュースなどが出ており、その状況に心を痛め、こんなツイートも。

どう謝罪して、どうケアしていくのかを最優先に考えて行動するべきです。

映画の今後について考えるのは、その後です。

原作者の渡邊ダイスケ氏は、原作漫画の映画化にいちばん期待していた一人だと思います。

しかし冷静にこのコメント…。事件の被害者を気遣う、素晴らしいツイートだと思いました。

ファンからも称賛の声が相次いでいます。

ムロツヨシのツイートが新井浩文容疑者の犯罪に対して甘いなどの批判を受けていましたが、こんな事件のときはどんなツイートをするかで人間性が出てしまう気がします。

映画「善悪の屑」はお蔵入りが濃厚?

新井浩文容疑者が逮捕されたことを受け、公式では「対応協議中」というですが、主演の一人となるとほぼどのシーンにも出演していたでしょうし、一部撮り直しは難しいでしょう。

映画「善悪の屑」は公開中止でお蔵入りが濃厚なムードが漂ってきました。

映画で原作のどの部分が使われるかは明らかにされていませんが、

性犯罪者に復讐する

というエピソードがあり、その部分が使われているとなると完全にアウトでしょうね…。

熱烈な原作ファンがついていることもあり、映画公開を望む声はありますが、今後に注目したいと思います。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.